VIO脱毛黒ずみがある場合の注意点

脱毛サロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛は、出力の強さは違いますがどちらもメラニン色素の黒い色に反応する光を照射して熱によって脱毛を促す仕組みになっています。そのため肌に色素沈着など黒ずみがある場合には、光が反応してしまい施術の際に強い痛みを感じることがあるようです。

では、VIO 脱毛 おすすめでデリケートゾーンに黒ずみがある場合にはどうなのでしょうか?実は、サロンなど施設によっては色素沈着している部位の施術は断られてしまうこともあるようです。しかし、IOラインに関しては、大抵の人に色素沈着があります。そのため、多少の色素沈着であれば施術可能と言われています。

ただし、黒ずみがあり痛みが出やすい分、施術の際の出力は弱めにすることが多いです。出力を弱くするということはそれだけ脱毛効果が下がるということになります。クリニックの場合には、痛みが心配な場合有料ですが麻酔を希望することができます。万一肌トラブルがあった場合にもすぐに医師に相談できますので黒ずみがある方でも安心して施術を受けられます。まずはカウンセリングで相談してみるといいでしょう。

最近では、デリケートゾーンの黒ずみに効果があるという美白ジェルやクリームなどを事前に利用する方もいらっしゃるようです。痛みに弱い、という方はまずはこうしたもので黒ずみのケアをしてから脱毛をはじめるのもいいかもしれませんね。