カードローンで借り入れできる限度額について

カードローンとは、銀行や消費者金融といった金融業者から無担保で借入することができ、分割で返済ができる融資を指します。
ローン専用のカードを作り、借入や返済を行うことから、カードローンと呼ばれます。
銀行・信用金庫・信販会社・消費者金融など様々な金融機関で取り扱われていて、私たちにとってとても身近な融資であると言えます。
カードローンを利用する際、カードローン会社による審査(信用性調査)を受け、個人の収入・信用情報をもとにして、金利や利用限度額(借入することのできる最大金額)などを決定します。
融資のスピード・金利・利用限度額等の条件は取扱い金融機関により異なり、年収やほかの借入があるかどうかで決まります。

消費者金融等の貸金業者から借入する場合は、借入残高が年収の3分の1を超える場合に新規の借入ができなくなる総量規制という制度の制約を受けることになります。
銀行からの借入においてはこの制度の対象外となります。審査をする銀行の裁量により貸付額が決まるので、年収のみに左右されるものではありません。申込者の年収のみではなく資産の有無・家族収入を考慮した支払い能力なども審査情報となり、年収以上の借入も不可能ではありません。
総量規制の対象外とはいえ、審査時のそれぞれの状態によりますが、一般的に年収の3分の1が目安となっています。しかし法による制限はないので、多少多めの額が審査を通る事もあります。年収がある程度多い人になると、年収の2分の1を借入することができる場合もあります。
支払い能力をよく考え、月々の返済額と返済期間をしっかり計画し、無理のない利用をするようにしましょう。